vegeつくる じゃがいもほり大会開催!

みんなでじゃがいもほり

3月18日に男爵の種芋を植えてから98日目、無事に収穫の日がやってきました。

昨日の大雨で延期も考えられましたが、雨があがり朝からの日射しで土が乾いたので、予告通り”じゃがいもほり大会”を開催しました。

じゃがいも

茎も枯れてじゃがいもの収穫じきとなりました。いよいよじゃがいもほり大会開催です。

事前に参加表明をもらっていた小学生3人が集合し、「一番大きなじゃがいもをほる!」と暑さに負けず元気一杯です。

さぁ!じゃがいもほり大会の開催です!

ルールを決めて、いざスタート!

ただただ掘るだけでは面白くないので、簡単なルールを決めました。

そのルールは、

「誰が一番大きなじゃがいもほるか」

です。

わかりやすくていいですねぇ(笑)

まずは、自分が掘る場所の決定から。

全部で12個の種芋を1人4個と平等に分けてから、それぞれ自分の好きな場所を指名します。

O君が「僕ここ!」というと、Sさんが「じゃぁ私ここ」、そしてK君が「俺ここ!」とケンカすることなくあっさりと決定しました。

「もうほっていい?」とみんなやる気満々。

開始の挨拶を省略し、時間無制限、全部じゃがいもを掘ったら終了の「じゃがいもほり大会」スタート!です。

じゃがいも

準備ができたら、じゃがいもほりスタート!

まずは茎をつかんで勢いよく引っ張るO君。

茎は抜けましたがじゃがいもは付いておらず、思わず「あれぇ」と残念そうな声。

横ではK君が茎を思いっきり引っ張って、茎が抜けると同時にドンっと尻餅をついて苦笑い。

まさに漫画でよく見る光景です。

Sさんはじっくりと茎を抜く慎重派。

3人ともまずは茎を抜いていきましたが、出てきたのはそれぞれ2つ3つ程度でした。

さぁ、ここからが本当の芋掘りです。

スコップで手で土を掘り返してじゃがいもを見つけ出しましょう!

じゃがいも

勢いよく掘り進めるO君

じゃがいも

慎重派のSさん

じゃがいも

黙々とほるK君

最初はどこにあるのかわからず、「ない」「どこにあんの?」と言いながら土を掘っていきますが、掘り進めていくとだんだん賑やかに。

「あった!」「こっちもあった!」と宝物を見つけたのような騒ぎです。

すると「でかいの出てきた!」とSさんの声。

視線を向けると、直径15cmのビッグサイズの男爵を開始すぐで早くもゲットです。

すぐさま暫定チャンピオンの席へ。

先を越されたO君とK君にやる気スイッチが入ったようで、次から次へとじゃがいもを掘り出し始めました。

すると「でかいの見つけた!」とO君。

「チャンピオンと比べて」と促し、O君がチャンピオン席の横に置いて大きさを比べると。。。

「あ~、チャンピオンの方がでかい」とO君の無念の表情にSさんはにっこり。

次の挑戦者はK君。

「あった!」とニコニコしながらチャンピオンの席へ行き、横に並べて比べると。。。

これまた残念。Sさんの勝ち。

どうやらチャンピオンの強さは半端ないようです。

その後3人ともどんどん堀進めますが、ここからしばらくはなかなかビッグサイズの男爵が姿を現しません。

O君は額に汗を浮かべて頑張ります。

そうこうするうちに徐々に土中のジャガイモの数も減ってきて、O君もK君も残り少ないじゃがいもに望みを託しますが、結局最初にSさんがほりだしたじゃがいもがそのままチャンピオンになりました。

最終結果

一番大きなじゃがいもを掘り出したのはSさんでした。
(優勝賞品を準備していなくてごめんね)

最後にO君の提案で、それぞれどれだけじゃがいもを掘ったのか数えることにしました。

結果はこちら。

  • O君:78個
    じゃがいも

    O君粒ぞろいの78個

  • Sさん:91個
    じゃがいも

    10個ずつ分ける几帳面なSさん91個

  • K君:61個
    じゃがいも

    キレイに掘ったねK君61個

  • 合計:230個

ここでもSさんの勝利で見事2冠を達成したのでした。

それぞれ自分が掘ったじゃがいもをお土産に持ち帰り、無事にじゃがいもほり大会は終了となりました。

じゃがいも

袋に詰め込んでお持ち帰り♪

しばらくは食卓にじゃがいもが並ぶことでしょう(笑)

また次回開催できるように頑張りたいと思います。

2018/06/24(日)晴れ
じゃがいも

無事終了。みなさんお疲れ様でした♪