玉ねぎをもっと楽しむ

玉ねぎをつくる

今年もやります。

去年は72本の苗を植えて、今年の6月に収穫できたのが約50本でした。

収穫した玉ねぎは家で風通しのいいところに置いて、8月いっぱいまでいろいろな料理で楽しむことができたので、今年はさらに収穫量を増やすことにします。

さらに今年はもう1つのチャレンジを。

種からつくる

去年は苗を種苗やさんで購入しましたが、今年は種を購入して種から作ることに挑戦します。

種はこちら。

「トップ玉葱」

玉ねぎ

選んだ種は「トップ玉葱」

特性を確認すると、

  • 貯蔵性の良い中晩生種
  • 草勢が強く作りやすい
  • 球は良く整った甲高で平均350gで、表皮は厚く美しい褐色
  • 長期貯蔵ができる

とあり、長期貯蔵を目論む私にとっては十分です。

早速種と、育苗用の土を購入しました。

播種する

今回は家に余っているプランターに、育苗用の土を敷き詰めて育てます。

播種は「すじまき」ですじ間5cm、株間は1cmでやってみようと思います。

株間を丁寧にとる為に、簡単な道具を作りました。

玉ねぎ

株間1cmを確保するために急ごしらえ

厚紙にパンチで1cm間隔に穴を開けた簡単なもので、一列38個。

この穴に種を一粒ずつ入れていくことにします。

準備ができたら、あとは地道にひたすら種を撒いていくのですが。。。

・・・

はい、完成です。

玉ねぎ

10分程でできあがり

都合、1列38粒×4列で152粒撒きました♪

さて、無事に発芽して立派な苗ができるでしょうか?