”玉ねぎ”苗の仕入

2017/11/11(土)雨のち晴れ

植える苗の数を計算

今日は玉ねぎを植える準備の第2弾として、苗を仕入れます。

ということで、苗を何本購入するかを計算することにしました。

師匠からは「先にマルチに苗を植える穴を開けてから数を確定させろ」と教えてもらっていましたが、今回は穴はあけずに計算して数えることにしました。
(師匠すみません!)

まずは畝のサイズを測ります。

縦と横幅の長さをメジャーで計測すると、縦は180cm、横幅は55cm。

畝のサイズ

なんとか4列植えたいので、横は隣との間隔を15cmあけて、端っこは5cm+αの余裕をなんとか確保できそう。
後は縦にどれだけ植えれるか。

畝のサイズ

隣との間隔を10cmだと1列に17個入って、合計4×17で68個の計算です。

畝のサイズ

ということで、穴を開けるのは明日の植え付け直前にし、今回は70個の苗を仕入れるとにします。

苗の仕入

早速近くの種苗屋さんへ。

店の外にいろいろな苗が置いていますが玉ねぎの苗はなく、どうやらお店の中にあるようです。

お店に入ろうとすると、入り口に玉ねぎの苗の貼り紙を発見。

紙には

  • 早生
  • 中晩生(ネオアース)

の3種類があると書いています。

それぞれの種類が一般的にどんなものかまとめます。

☆早生(わせ)

”わせ”と読み、文字通り早く収穫できる品種。
4、5月頃から収穫ができるかわりに、貯蔵性があまり良くない

☆中晩生

”なかて”とも言われ、収穫はやや遅く6月頃から様子を見て開始。
その分貯蔵性がよく、風通しのよい涼しい場所に吊るすと長く保存できる

☆赤

赤色の玉ねぎで、オニオンサラダに最適な品種。
収穫はやや遅く6月頃。

それぞれの特徴を考えながら今回は何を育てるか悩むところです。

全種類やってみるとか早生と中晩生とか考えましたが、中晩生のネオアースのみ70本買うことにしました。

赤は食べるのにバリエーションが思いつかないのと、早生は長期保存がきかないので今回はやめました。

そして肝心のお値段ですが、なんと、

1本7円!

安いです。

70本買っても490円。

ワンコインでおつりが出るではありませんか。。。

あまりの安さに驚きです。

聞けば去年は8円だったそうで、今年はたくさん苗ができたのでしょうか?値下げされたようです。

植え付けまでの保管

植え付けは明日する予定なので、今日は一旦苗を持ち帰って家で保管します。

お店の人曰く「涼しい場所に置いてください」とのことで、日の当たらない涼しいところに置いておきました。

どうかしおれませんように。

前の記事

白菜の収穫