第一花房の成長が著しい桃太郎ゴールドの摘果

2015/05/26(土)晴れ

順調に膨らんだ実

草勢はそれほど強くないのに、第1花房の実が大きくなった桃太郎ゴールドです。

気温が高い日が続いたせいか、あっという間にピンポン玉よりも大きくなっていました。

桃太郎ゴールド

ピンポン玉より大きくなった第一果房の実

2株植えていますが、どちらも同じくらいの実を着けています。

桃太郎ゴールドは実を着けるのが早いですね。

早く赤く熟れないかな?という気持ちになりたいところですが、大玉トマトの第1花房の実はそうはいきません。

もったいない気はしますが”摘果”をします。

摘果ってなんだ?

改めて摘果をする意味を確認します。

それは、栄養分を適切に管理した数の実に与えることで、より成熟した大きなトマトを育てる為です。

実をつけすぎると、大玉トマトなのに小粒なトマトになりかねません。

このように摘果する意味をしっかりと把握していると、自分で考えて育てることができます。

今回は私は第1花房の実を全て摘果しましたが、実の数を適切にする観点でいえば、全部摘果する必要はないかもしれません。

実を2つ以内にするとか、自分で試しながら出来を確認しながら、自分が「これがいい!」と思う方法を確立したらよいと思います。

それができるのも野菜つくりの面白いところです。

大事なのはこれから

さて、摘果を終えたら、今後はこれから出てくるであろう第2、第3花房の実を楽しみ待つしかありません。

桃太郎ゴールド

摘果した桃太郎ゴールド

摘果したのにそれ以降できませんでしたでは全く意味がないので、ここからが大事です。

まずは枯らさないようにしないといけませんね。