トマトが無事に発芽したよ

播種から2週間

小さな小さな芽が出ているのを発見しました。

今日20個あるうちの約半分の11個の発芽を確認できました。

小さいけれどもしっかりとした芽が出ていました

 

思っていたより小さい芽で、これがあんなにしっかりとした茎になり、2メートルほども伸びるのかと考えると、スゴイ成長力です。

「すごいなぁ~」と感心するばかりです。

このまま育てば、5月には植え付けできそうで、一安心です。

残りの9個も発芽するように

欲張りな私は、100%の発芽率を目指します。

もっとトマトにとって快適な環境を作ることにしました。

そこでヒントになったのが、小学校2年生の息子が学校の算数の授業で作って、家に持って帰ってきた、ストローで作った直方体です。

これを今のトレイの中に入れてビニールハウスのような空間を作るのです。

さっそく春休みで暇を持て余している子どもと一緒に、算数の復習もかねてストローで直方体を作りました。

出来上がりはこちら。

ストローの直方体にラップを巻いて保温

 

直方体を置くことで、芽が伸びる空間を確保。

周りにラップを巻いて冷たい風をよけると同時に、暖かい空気を作るのです。

これで残りの9個の発芽と、発芽した芽のさらなる成長が期待できます。

我ながらいい出来ですよ。

前の記事

トマトの苗を作る