今日もトマトの脇芽を摘みます

2018/06/02(土)晴れ

順調に育つ

トマトの支柱を立てたら、成長に合わせて誘引をしていくのがしばらくの作業です。

トマトは水を与える必要がないのは育てやすい。

トマト

順調に育つトマトたち

することはこれからどんどん出てくる脇芽を摘むこと。

脇芽を摘んで、葉や茎の成長に無駄な養分を与えず、実をしっかりと着けるためにとても重要な作業です。

トマト 脇芽

こまめに脇芽を摘む。これが大事

脇芽が大きくなって、主軸と見分けがつきにくくなる前に摘むのがいいですね。

とはいえ、毎日なかなかこれないので、週末の作業となると1週間で脇芽が主軸と同じくらいになるのはよくあることです。

なので今日もせっせと脇芽を摘むのでした。

桃太郎の草勢が強い

それにしても一際目立っているのが桃太郎(大玉)。

隣の同じ大玉トマトの桃太郎ゴールドと比べると存在感がまるで違います。

桃太郎トマト

ひときわデカい!桃太郎

茎の太さも親指ぐらいになっています。

怖いのはこのまま茎だけが大きくなり実を着けないということ。

今年こそは大玉トマトをたくさん収穫したいので、早く実が着いてほしいのですが、今日のところはまだできていませんでした。

焦りは禁物です。

じっくりとトマトの成長を見守りたいと思います。