【週末農業】 畑の枝豆が復調!

2017/06/23(金)晴れ

期待に応えてくれる枝豆

2週間前に枯れ始めた枝豆の葉でしたが、師匠から栄養不足を指摘されて追肥をして様子を見ていましたが、どうやらこちらの期待に応えて復調してきました。

一昨日の新幹線を停めるほどの大雨にも負けず、周りの枝豆と比べるとまだまだ小さいですが、元気を取り戻してくれ一安心です。

これからしっかり花が咲いて実を着けるか、続けて見守りたいと思います。

枝豆

復調してきた枝豆

■枝豆の全体的な生育は?

肝心な全体的な枝豆の具合はというと、まだまだどれも花が咲いていなくて葉だけの状態なので、生育途中です。

全体を見ると、畝の場所によって生育に差が出ているので、場所によって元肥の撒き方にムラがあったと思われます。

枝豆

生育度合が場所によってまばら

この点はしっかり反省しなければなりません。

これから花が咲き始めると、枝豆にとっては最大のポイントとなります。

開花初期の7~10日程度が最も重要な時期で、この時期のストレスが落花や落莢の原因となるので、水分の不足、栄養の不足、気温の激しい変化による不受精、日照不足などに十分注意する必要があるわけです。

特に水分と肥料の不足は自分でしっかりとケアできる部分なので、チェックを怠らずにしなければなりません。

さて、いつ花が咲き始めるでしょうか?

楽しみです。