里芋の種芋をいただいたのでポリポットで芽出しをする

2018/05/21(月)晴れ

里芋の種芋を頂きました

ので、今期は里芋を作ることに決めました。

里芋

いただいた種芋

が、今現在畑に空いている畝がありません。。。

どうしようかとgoogleさんにいろいろと尋ねていると、ポリポットの里芋の苗の写真を発見し、「これだ!」と閃きました!

そうです。

今すぐに畑に植えなくても、ある程度育つまで家で育てたらいいのです。

いいことを考えたなとニヤニヤしながら、早速ポリポットに植えます。

材料はある

プランター栽培で揃えていた培養土と、これまで仕入れた数々の野菜の苗に使っていたポリポットを使います。

里芋

ポリポットで栽培するぞ!

ポリポットの色はなんとなく金色を採用♪(1つ足りないけど。。。)

ポリポットの底に培養土を敷き詰めて、その上に里芋の種芋を置きます。

里芋

芽が出ているほうが上

その時に種芋の向きは、芽が出ているほうが上ですね。

そして種芋が隠れるまで培養土をかぶせて出来上がりです。

里芋

これで準備完了

調べによると、里芋は高温多湿を好むとのことで、乾燥はよくないようです。

こまめに水をあげる必要があります。

芽がだいたい15cm程になるまで手元で管理する予定ですが、ポリポットで育てるのはじつは効率的かもしれませんね。