さつまいもの植え付け

初めてがいっぱい

の今年。

まだまだ畑には余裕があるので、何を植えようかと贅沢な悩みを抱えております。

一通り考えた結果、「さつまいも」を植えることにしました。

さつまいもはこれまで栽培したことがないので、育て方の勉強をしてからスタートです。

勉強すると育て方は至って簡単。

・苗を準備する

・株間20~45cmで苗を植える

・苗は斜めに植える

・途中の水遣りや追肥は不要

・つるが伸びたら「つる返し」をする

・収穫

といった具合です。

早速苗を購入して植え付け

行きつけの種苗屋さんに行って仕入れたのは「鳴門金時」と「安納芋」の2種類で、それぞれ50本の合計100本。

初めてのさつまいも挑戦にして、100本の大量買いです。

苗を仕入れたら、畑で畝の準備。

株間30cmの穴あきマルチを畝に張り、穴に苗を植えることにしました。

鳴門金時の苗。生き生きとした言い苗です。

畝の準備ができたら、穴に苗を斜めに植えていきます。

1本ずつ斜めに植えていきます。

植える深さは、葉3本くらいが土に埋まるくらいです。

畝と水平にどんどん植えていきます。ひたすら植えていきます。

植えていくこと100本。10分ほどで完了しました。

トータル100本の植え付け完了。鳴門金時50本、安納芋50本です。

出来上がりは壮観です。

無事に実が着くでしょうか?今は期待しかありません。

植えた翌日

生き生きしていた葉っぱが全て萎れてしまっています。

植え付けした翌日。すべての葉が萎れてしまっています。

パッと見は「やばい!」ですが、おそらく大丈夫。

しばらく様子を見守りたいと思います。

 

前の記事

スイカに初挑戦

次の記事

さつまいもの様子