春菊の初めての収穫

2017/10/18(水)晴れ

寒い。。。

秋雨の合間で久々に晴れた朝。🌞

外の気温は12℃と肌寒く、冬が近づいていることを感じます。

そして明日からまた週末まで雨予報。

1週間丸々野菜を放置するのは嫌なので、朝から畑に向かうことに。

畑に着くとさらに気温は下がって11℃

寒いっ!😖の一言しかありません。

「これから朝起きるのが辛くなるなぁ」とネガティブな気分を吹き飛ばすべく、たくましく育っている野菜たちの様子を見ます。

このところ降り続いた雨で、足元がぬかるんでいて歩くのも一苦労。

こけてケガだけはしたくないものです。

春菊を収穫

今日の目的は春菊を収穫することです。

播種をして約1カ月。

先週の土曜日に見たときに15cmくらいに伸びていたので、そろそろとり始めようかなと思っていたのです。

春菊

収穫できるほど大きくなった

春菊

見たことのある春菊

 

実はこの春菊ですが、種を撒いてから何も世話をしていません。

筋蒔きをして芽が出てから、間引きさえもしていない。

本当に手間ゼロ

初めての手間が収穫となりました。(これを手間と言っていいものかどうか)

間引きをしていない為鬱蒼と葉が重なっており、1株ずつ抜くのも難しそうだったので、まとめて束で引き抜きました。

小さいものは5cm程度、大きいものでは20cmを超えていて成長の度合いはバラバラですが、大きいものはいい感じの春菊です。

春菊

立派にできました

虫に食べられずキレイにできたのも嬉しい。😃

しばらくは春菊の収穫を楽しめそうです。

春菊の食べ方もいろいろと考えなければなりませんが、今日の夜は冷えそうなので定番の鍋料理でいただきます!🙏

考察

まだまだ最初の収穫をしただけですが、春菊を初めて作ってみて備忘録として思うことをまとめます。

これからもっと成長すると他にも課題は出てくると思いますが。。

春菊をつくっての感想

  • 手間いらずで簡単
  • 虫に食べられずキレイな状態で収穫できた
  • 収穫まで早い(約30日)

次回試したいこと

  • 播種の段階でしっかりと株間をとる

 今回成長の度合いがバラバラだったので、密集しすぎて一つ一つの成長にムラがあったと思われる。