【週末農業】枝豆に2回目の土寄せをする

2017/06/04(日)晴れ

本葉が5~6本できたら2回目の土寄せ

枝豆に最初の土寄せをしてから2週間が経過し、途中の大雨と強風に負けることなく無事に育っています。

枝豆

大きくなった枝豆

一番成長しているもので、高さは約30cm、本葉が5本から6本ついています。

最初に寄せた土も、雨風にうたれ流されているところがちらほら見受けられるので、これからの梅雨に備えて2回目の土寄せをします。

2回目は1回目よりも多めに土を寄せて強度を上げておきます。

まずは寄せるための土を確保するために、雑草の除去と土の中へ空気を含ませる為のこちらも2回目となる中耕(ちゅうこう)を実施。

→1回目の中耕の様子

三角鍬を使って枝豆を傷つけないように土を耕しますが、2回目ともなればこちらも慣れたものですよ。

中耕が終わると、土がある程度柔らかくなってくるので、その土を集めて枝豆の根元に寄せてあげます。

しっかり土を寄せたら掌で軽く押し当てて、土がこぼれないようにすれば完了です。

枝豆,土寄せ

2回目の土寄せをした枝豆

中耕と土寄せ合わせて15分程の作業で、今後の成長に大きな好影響をもたらすこと間違いなしです。

水をしっかりと与える

2回目の土寄せが終わったので、最後に水をしっかりと与えて今日の作業は完了です。
枝豆は乾燥に弱く実の付き方が悪くなるので、乾燥させないように適度な水やりが必要です。

こまめに葉の様子、土の様子を要チェック。

水をあげると寄せた土もいい感じに固まっているので、梅雨入りしてもおそらく大丈夫でしょう。

枝豆,土寄せ

梅雨に向けてしっかりと根元を強化