畝立て&春菊の種まき

2017/09/09(土)晴れ

畝立て

今日は冬野菜を育てる為の畝を作ります。

2週間前には夏野菜を作っていた畝を崩し、苦土石灰と堆肥を撒いて土を耕しておいて、今日まで放置していました。

畝立て

放置していた土

今日は畝を立てます。

 

まずは苦土石灰と堆肥をまいて、

畝立て

苦土石灰と堆肥をまく

畝を立てます。

葉野菜をメインでつくるので、畝は幅を広くとった台形。

畝立て

真っすぐ立てる

我ながらうまくできました。 😀

きれいに作れると気持ちがいいものです。

春菊の種をまく

立てた畝に最初に種まきするのは”春菊”

冬のお鍋料理の必需品。そして天ぷらにすると美味しい春菊です。

春菊

鍋のおともに最適

今回選んだ種は”中葉春菊”

葉が細かく切れ込みが深く、肉厚でやわらかいとのこと。

種は四角くやや小さめです。(こんな感じ)

春菊

四角いやや小さめの種

春菊の種は”すじまき”をするので、出来上がったばっかりの畝に真っすぐの溝を作って、溝の中に均等にパラパラと種をまいていきます。

 すじまきの方法は => ホウレンソウを参考 

種を撒いたら軽く土をかぶせて出来上がり。

種まきは慣れてくると比較的要領よくできて楽しいですね♪

種を撒いた後に思うことはいつも同じで、「無事に発芽してくれよ!」という祈りのみですが、これがまた野菜つくりの醍醐味だと思っています。