お手軽♪ミニトマトのプランター栽培 花が咲いたら人工受粉して確実に着果させる

2017/5/7(日)晴れ

ミニトマトを確実に着果させるためにすること

苗植えから1週間。順調に育っていて葉には花が2~3輪咲き始めました。

トマトは茎に一番近いところにできる花に実がつかないと、”つるボケ”といって茎や葉ばっかりが育って実ができないという残念なことになりかねないと聞きました。

そうなっては悲しいということで、確実に実がなる(着果)ように何かできないかと調べていると、”人工受粉”をおこないましょうと私の教本に書いてありましたのでやってみます。

用意したものは”耳かき”。

耳かきの頭についている”梵天”で花をかるくなでて受粉を促してあげるわけですね。

人口受粉,ミニトマト

梵天で花をなでて受粉を促す

たったこれだけです。

これでたくさんの実ができるということなので、やらない手はありません。

他の方法もいくつかまとめておくと

・「筆」を使って同じようになでて受粉を促す

・「電動歯ブラシ」を使って花がついている枝(茎)に当てて軽く振動させて受粉を助ける

・「着果促進剤」を花にスプレーする

 

という方法もあるようです。

これからどんどん育ってきて花がつき始めても、忘れずにやらないといけませんね。