プランターのミニトマトは追肥をしてからも順調に育っています

2017/05/18(木)晴れ

枯れないか心配な朝

先週降り続いた雨のおかげ?でしばらく水をあげていないので、そろそろ土が乾いてこないか心配な今日この頃。

土に含まれる水分が足りているのか、それとも不足しているのか気になるときは、私の強力な味方”土壌水分計”で測れば数値で判断できます。

朝起きて早速測ってみると、プランターの端は”5”、株の根元付近は”10”でした。

水分量,端

プランターの端は、水分量=5

プランター,株

株の根元付近は、水分量=10

これなら今は十分な水分を含んでいるので、朝は水を与えるのを控えて、夕方の状態で考えることにします。

土が乾いていないか楽しみな夕方

朝とは打って変わって、土の乾き具合がなんだか楽しみになっている夕方。

楽しみな気持ちになれるのも、朝水分が足りていると把握できていたおかげです。

プランターのトマトを確認すると、土の表面が白く乾燥していました。

プランター,土が乾燥

表面が乾燥しているプランターの土

今日は一日いい天気だったので、かなり乾いただろうなと予想はしていましたが、予想以上に乾燥していて正直焦りました。

それでもそこは落ち着いて、きちんと水分計で測ります。

朝測った場所に同じように計測器を差し込むと、意外なものでプランターの端は”5”のまま、株の根元付近も”6”と不足することなく、程よい水分量を保っていることがわかりました。

プランター,端

夕方になって端の水分量=5

プランター,株

夕方になって株の根元の水分量=6

表面は明らかにカラカラなのに、土の内部はしっかりと水分を含んでいるものなんだと、改めて勉強した瞬間です。

これ、土壌水分計がなかったら、間違いなく誤った認識で育てていますね!

”持っててよかった土壌水分計♪”

とはいえ、明日も晴れ予報で、しっかりと根がはるまでは十分な水分が必要と言われていることもあり、水分が不足する前に与えることにしました。

水やり

トマトに水をあげましょう

気が付けば3つ

先日の日曜日に追肥をしたこともあってか、トマトの背丈が高くなっているように思います。

今朝頭が垂れていたので、株の上の方を支柱に誘引しました。

これで3カ所目です。

誘引,3つ

3箇所目の誘引

1段目にできていた実はだいぶ大きくなりましたが、まだまだ青いのでもう少し成長しそうな気配です。

2段目には花もたくさん咲いており、着果の期待がますます膨らみますね。

徐々に収穫の日が見えてきたように思います。