アイコをプランターでつくる3つのメリット

2017/7/12(水)曇り

今日も収穫

プランターで栽培中のアイコは、すくすく育ち第7花房まで実が着いています。

そして今日も、第3花房と第4花房の茎に近い実が赤く熟れたので収穫しました。

全部で6個です。

アイコ

本日は6コ収穫しました

これで今シーズンのプランターのアイコの収穫は、全部で17個となりました。 🙂 

気が付けば「結構獲ったな」とびっくりしております。

過去を振り返り「やっぱり土は大事やなぁ」とつくづく感じるのでした。

未来を描けば「まだまだ収穫できそう♪」と期待も膨らみます。

それでは今日も美味しくいただきます。

 

プランター栽培の特長をまとめてみた

ここまでアイコを育てて、プランター栽培と地植え栽培とで、プランター栽培ののいいところ、劣るところをまとめました。

いいところ

  1. 近いので手軽に育てられる
    まずこれが一番です。
    家にあるのですぐにお世話ができちゃいます。
    水をあげる、肥料をあげる、わき芽をかくなど本当に手軽にできます。
    もちろん収穫も簡単。
    「今日おかずが足りない」というときも、ベランダで調達できます 😀 
    「今日はベランダに行くのどうしようかなぁ。。。」とは絶対なりません!
  2. 虫が付きにくい
    私の家は住宅街にありますが、都会というわけではありません。
    少し歩けば畑があり、自然は豊かな方だと思います。
    そんな環境で、家の2階のベランダで育てていますが、全く虫の被害がありません。
    これは自分としても意外で、そして感動しています。 😥
  3. 実がきれい
    とてもきれいな実ができます。
    虫の被害がないこともそうですが、土まみれになることもありません。
    手を汚さずに収穫できます。

地植えに劣るところ

  1. 実の着く量が少ない
    1つの枝にできる実の量が少ないです。
    概ね地植えの7~8割くらいでしょうか。
    やはり絶対的な栄養の量が少ないからで、株全体の勢いが地植えよりおとなしく、それに伴い実も少ないようです。
    それでも第7花房までできれば60個以上は収穫できるので、十分楽しめます。
  2. 実がコンパクト
    1.と原因は同じだと思いますが、地植えのものと比べて実が小さい。
    平均して1/2~2/3くらいの大きさです。
    (地植えの実が大き過ぎるのかもしれませんが。。。)
    逆に食べやすくていいかもしれませんね。 😯

    アイコ

    プランターでできたアイコ

    アイコ

    地植えでできたアイコ

  3. 甘み
    十分甘いですが、地植えのものと比べるとやや物足りなさを感じました。

 

それぞれ3つずつまとめましたが、量や大きさ、甘みはプランターの土を改善することで品質を上げることができるはずです。

そこは今後のテーマに。

プランター栽培、是非チャレンジしてみてください。