100円ショップ・ダイソーの「園芸用ビニールひも」

効率化の追求

去年トマト作りをしていて、「面倒だなぁ」と思っていたことがあります。

それは「誘引」作業。

1回1回麻紐を適当な長さにはさみで切り、トマトの茎を支柱に結ぶという作業が煩わしかったのです。

そこでダイソーに何か便利なものがないかと探索に行きました。

選択

毎度おなじみダイソーの園芸コーナーです。

見つけました。

「園芸用ビニールひも」「ビニールワイヤーひも」

ダイソー

ダイソーで見つけた園芸用の紐

園芸用ビニールひもは、長さ15cm×300本。

ビニールワイヤーひもは、長さ約50m。

全体の長さではビニールワイヤーひもの方が5m長いのでお得感があり、いろいろな長さに自由にできるという点で使用用途が広がりそうです。

特にお得感に魅かれ「ビニールワイヤーひも」にしようと思いましたが、ちょっと待てよと。

そもそも目的は何だったのか?と改めて自分に問いかけることができた自分を今回は褒めてあげたい。

そうです、1回1回紐をカットするのが嫌だったのに、ビニールワイヤーひもだとそれは解消されないのです。

危うくちっぽけなお得感に負けるところでした。

さらに良く比較すると、園芸用ビニールひもとビニールワイヤーひもは、幅が全然違いました。

ビニールワイヤーひもは細いので見るからに茎を傷めやすいのに対して、園芸用ビニールひもは幅が広く、茎を誘引したときに傷めにくいようになっています。

やはり今回の要件に対して適した仕様になっているのは「園芸用ビニールひも」で間違いありません。

これで誘引の煩わしさから解放されそうです。

この園芸用ビニールひもを使った結果はこちら↓

トマトの植え付け その2