ダイソーの「楽々根切り」で雑草除去

雑草があると虫が寄ってくる

野菜つくりを始めてからずーっと抱いている「雑草を無くしたい!」という思い。

なぜならば、雑草にはいろいろな虫が寄ってくるので、野菜が虫の被害にあう可能性も高まるからです。

事実トマト、ミズナ、小松菜、大根と作ってきたほとんどの野菜がなんらかの虫にやられてきました。

除草剤はなるべく使いたくないという思いもあり、時間とやる気?のあるときに手で引き抜いていましたが、雑草の勢いの方が優勢のままいよいよ年の瀬。

ここらで「効率よく雑草をとれる道具」がないか動きました。

100円ショップダイソーの「楽々根切り」

まず向かったのが100円ショップのダイソー

いろいろな農業用(園芸用)の道具も揃っているので、あれば安く手軽に購入できるので雑草をとる道具がないか調査に行きました。

ありました!さすがダイソー。

「楽々根切り」とかかれた商品。

ダイソー

「楽々根切り」という商品

名前からして雑草を取るのではなく、根っこを切る道具のようです。

使い方は見たまま。

オレンジのグリップのところを持って、先のギザギザ部分を雑草の根っこ部分に差し込んだら、根っこをひっかけて引き抜く。

どれ程使えるか、即買いです。。

検証

早速畑で検証。

はざの部分に地に這うように生えている雑草が見事とれるのか?

雑草

地に這う雑草

これは手で引き抜くと、よく葉っぱだけちぎれて根っこは残ったままになるやっかいな奴ですが、これがキレイに取れなきゃ意味がないのです。

では、先端を根元より奥目に差し込んでぇ。。。

ダイソー

先端を差し込んでぇ!

引き抜く!

これを繰り返していくと。。。

はい、結構キレイに取れました!

雑草

きれいに取れた

雑草

引き抜いた雑草の山

使ってみた感想

手でつかんで引き抜くよりは断然楽で、根っこからうまく取ることができるので、手際よくストレスなくすることができました。

100円にしては使える道具です。

ただし、先端の引っかける部分が短いので、引き抜く度に人差し指の甲が地面に擦れて痛いのがマイナスポイント。

気持ち角度をつけて差し込む必要がありますが、使い方に慣れてしまえばよい範囲かもしれません。

家庭菜園で雑草と向き合うのには使える道具だと感じました。

前の記事

スナックエンドウのマルチ

次の記事

寒すぎて凍ってる