スナックエンドウの苗を仕入れる

2017/12/2(土)晴れ

冬に植える野菜”スナックエンドウ”

早いもので12月になりました。

日に日に寒くなってきて、一日の平均気温が6℃となるような日もあります。

9月に植えた野菜の収穫がほぼ終わり、これから植える野菜もなく、先日植えた玉ねぎも来春5月頃まで待つしかありません。

この時期は畑がとても寂しいものです。

そんな中、この季節に植えることができるのが”スナックエンドウ”ということで、今日は”スナックエンドウ”の苗を仕入れに行きました。

久々の仕入にワクワクします。😀

スナックエンドウ? スナップエンドウ?

いつもの種苗屋さんに行くとスナックエンドウの苗が店頭に並んでいました。

ポリポット1つに3本の苗が入って80円です。

スナックエンドウ

スナックエンドウの苗、80円也

さすがに元気のいい苗が揃っていて、どれを選んでも大丈夫そうですが、しっかりと全部を見比べて選びました。

苗を選ぶときのポイントをお店の人に尋ねると

  • 青々として元気がいい
  • 冬場は寒いので、なるべく小さいもの

と丁寧に教えていただきました。

冬場は寒いので、大きいとその分寒さにやられやすいそうですから、大きければいいというわけでは無いってことですね。

勉強になります。

親切に教えていただけるので、”スナックエンドウ”と言ったり”スナップエンドウ”と言ったりするので、どちらが正しいのかも訊いてみると、流石はこの道のプロ、迷うことなく答えてくれました。

スナックエンドウは株式会社サカタのタネの商品名、スナップエンドウはタキイ種苗株式会社の商品名で、実際は同じ品種です。
コーヒーでも同じ種類でもメーカーによって名前が違いますよね?それと同じです。

と、例まで付けてわかり易く教えていただいたので、私でもよく理解できました。

お店に並んでいる苗は”スナックエンドウ”と書いているので、今回はしっかりと区別するべく私も”スナックエンドウ”と呼ぶことにします。

仕入完了

今回植えようとしている畝は長さ約2mなので、どれだけ苗を植えるか予め計算しておりました。

マメなので最終的には支柱を立てる必要があり、その点をしっかり考慮して支柱を立てる場所を両端に30cm程確保します。

そして苗は株間を30cm程開けて植えるということで、5つ植えられる計算ですが、今回は余裕を持って4つに決めました。

仕入金額は4つ×80円で、320円でした。

これで仕入は完了。

明日いよいよ植え付けです。

前の記事

芽キャベツの芽?